竿無し男子の治療記録

竿無し男子の人生記録

性同一性障害の治療情報、恋愛事情、日常など

【埋没生活】大学から男性として過ごす

前回の記事に引き続き、今回は大学時代を振り返っていきたいと思います。

 

幼少期〜高校までの記事はこちら↓

transinform.hatenablog.jp

 

前回の記事の通り、高校3年で胸オペ、改名、ホルモン注射を開始しました。

ついに男性として生活をスタートした大学時代です。

大学以降に知り合った人には、基本カミングアウトをしていません。

楽しいことも、辛いことも、たくさんありましたが、今となってはいい思い出です。

 

 

大学側に交渉!通称名や性別の取り扱いについて

 

実は、入学前に大学へ問い合わせて、通称名が使えるかどうか、男性として通えるかどうか相談をしたことがありました。

結論、大学側は何もしてくれませんでした。

「戸籍上の変更があった場合、学生情報も変更することはできるが、それ以外は対応できない」との一点張り。「過去にもGIDの学生がいたが、その人も戸籍上変更していたので対応しました」とのことでした。

 

通称名は使えるものだと思っていた僕は急いで改名の手続きを済ませ、裁判所にも大学入学前に間に合うように急いでほしいとお願いしました。 

 

友人関係

夢に見ていた男性としての新生活。期待もありましたが、不安が大きかったです。

 

見た目

ホルモン注射をしたての自分は、ぱっとみ男性だけど、話してみると、「?」という感じだったと思います。だから、友達は欲しいけど、あんまり話したくないし、自分を深く知られるのが怖かったです。入学したてはサークルにも所属しなかったし、友人付き合いもかなり悪かったと思います。

 

大学2年以降は、かなり見た目が男性化してきたので、初対面の人と接することも怖くなくなりました。そこからは、友達が増えて、学校生活がすごい楽しくなりました。

男性としてコミュニティの中に存在するのは新鮮で、嬉しくて、なんとも言えない感情と充実感でした。

 

嘘をついてまで隠したかった

その頃の生活は、どうやったらFTMであることが友人にバレないか、ということばかり考えていて、何度も嘘をつきました。

 

男友達に温泉いこーよと誘われた時も、「体に火傷のあとがあって入れない」と嘘をついたり。

 

たまたま友人とトイレに行くタイミングが一緒になってしまった時は、小便器の前に立っておしっこするふりもしました。

 

自分の青春だった「元ソフト部」という肩書きも、「元野球部」とすり替えて、思い出を語りました。

 

とにかく、「自分の性別がバレそうな話題」にアンテナを貼りすぎて、毎日めちゃくちゃ疲れました。でもそれと同時に、男として社会に認められているような感覚で、すごく嬉しかったです。

男として、女子と話すことってこんなに幸せなんだな、とかそうゆう単純な感覚です(笑)

 

大学の授業でむかついた話

この時代になっても、大学の授業で点呼をとる教授が何人かいませんでしたか?

しかも男子は君付け、女子はさん付け。

酷いときは、男子には青いレポート、女子にはピンクのレポートを渡してくる教授なんかもいました。

 

完全に見た目は男なのに、戸籍上や生徒情報上では女性なので、「〇〇さん」と呼ばれたことが何度も。

むかついたので点呼の時は無視。講義が終わったらキレ気味に教授に説明しに行きました。

 

価値観の変わった留学

学生時代、フィリピンのセブ島、カナダのバンクーバーへ留学に行きました。

フィリピンは、1ヶ月間の滞在でしたが、いろんな生き方をする日本人にたくさん会いました。

会社やめて世界一周する人、夫婦で留学している人、ワーホリ前にフィリピンで語学を習得しにきた人、50代になって語学に目覚めた主婦のおばちゃん。いろんな人生があるんだなあと思いました。

自分のしたいことをしている大人たちがキラキラして見えて、めちゃくちゃかっこよく見えました。

 

カナダは3ヶ月間滞在しました。現地のLGBTコミュニティに混ざり、カナダ人のFTMの知り合いがたくさんできました。

感じたのは、やっぱりあっちの人はオープンだなということ。もちろん一概には言えないですが、カミングアウトのハードルは日本と比べて低いように感じました。

 

短い滞在期間ではありましたが、ブログには綴りきれないほど色んな経験をしました。

そして、それまで必死で隠していた自分を少しだけさらけ出せるようになりました。帰国したら、何か自分にできることをしよう、そう思えたのは間違いなく留学のおかげです。

 

帰国後、NPOで活動する

帰国後、NPO法人LGBTに関わる活動を行いました。

教育機関や企業へ出向き、「LGBT研修」といって、LGBTの基礎知識や自分の生い立ちなどを話すという活動内容です。人前で自分の性のことを話すことが無かったので、自分と向き合う機会になり、すごく良い経験でした。

また、そこで出会った人々がとても好きで、とても尊敬しています。埋没思考で「LGBTと自分」をできるだけ切り離すことだけを考えていた自分が、肯定的に自分の性別を考えられるようになったのは、NPOでの活動とそこで出会った人々の影響です。

 

 

 

戸籍変更に対しての考え

学生時代は、SRSをするという選択肢はありませんでした。男性として生活を送れてるので、必要性を全く感じていなかったからです。

 

また、留学費用や手術費用は、両親が負担してくれていたので、これ以上は迷惑をかけたくなかったという気持ちもあります。

もしするなら、社会人になって自分で貯めたお金で、手術をして戸籍変更をしようと思っていましたが、半年前にそれが実現しました。

 

 

 

 

 

4年間いろんなことがありすぎて、書ききれないので、次の記事では、

 

▶︎カミングアウトして面接に挑んだ「就活編」と、

▶︎4ヶ月間カミングアウト出来なかった「恋愛編」

 

に分けたいと思います。

 

 

【生い立ち】幼少期〜治療開始

こんにちは。

治療記録の為に記録していたブログですが、今回は自分自身について書いていこうと思います。

少し長くなるので、興味のある方だけでも。

自分の人生記録としてゆっくりしみじみ振り返ってみます。

 

竿無し管理者のプロフィール

1995年生まれの24歳、東京都出身、身長163センチ

 

好きなもの:

英語、旅、お酒、らーめん、歌う事、デート、節約

 

よく似ていると言われる人:

COWCOW多田鈴木良平

 

幼稚園・小学校

ありのまま生きていた時代

4人姉妹の1番下として生まれる。

小さい頃から仮面ライダーウルトラマン等の戦隊ものが好き。 友達は男女関係なくたくさんいて、元気で活発、見た目は完全に少年。

このときは自分が周りの人と何か違うとか、性別とか、恋愛とか、考えた事ありませんでした。両親はそんな僕を何も否定せず、本当に自由に育ててくれくれました。

一方、上の姉ちゃんたちは、かなりガーリー。化粧やオシャレは同年代と比べて、かなりませていた方なのかと記憶しています。ただ、末っ子の宿命で、上の子のおさがりを着させられたりすることは少なくともあったので、それは苦痛でした。

 

中学校

ソフトボール浸けの毎日

小学校4年生くらいから始めたソフトボールにどっぷりはまり、ソフトの強い中学校に越境入学することに。東京都大会で優勝したり、選抜チームに選ばれたり、全国制覇を本気で目指したりと、人生で一番青春していた時代でした。

その頃は髪も坊主に近く、肌も真っ黒で、制服を着ているとき以外は完全に男の子。でもスポーツしている女子って周りにそんな子だらけで、ソフトやめたらきっと髪も伸ばしてお姉ちゃん達みたいになるのかな?なんて思っていました。

 

墓場まで持っていこう

その頃もずっと女の子が好きでした。夢の中や妄想の中で一人称は「俺」。

胸があるのが嫌で嫌で、猫背にして歩いていたり、身体のラインが目立たない服を好んで着ていました。

でもその気持ちを誰にも話す事はありませんでしたし、墓場まで持っていこう、と思っていました。

 

高校【人生の分岐点】

ソフトを辞めた

高校になってソフトボールを辞めました。同じ中学の友達は、私立の強豪校に進学していましたが、僕は少し勉強して都立高校に入学しました。

理由はいくつかあるのですが、ソフトから離れれば女子っぽく、女子高生っぽくなれるのかな?なんて思っていました。むしろ一番大きい理由です。

でも、ソフトから離れても心が女性になることはありませんでした。

 

初めての彼女・カミングアウト 

高校2年生のとき、初めての彼女ができました。ただ、「好きだから付き合って!」と告白したわけでなく、仲良しの延長線上でそういう雰囲気になり付き合うことになりました。

きっと、友達の関係じゃなくなった瞬間、自分の中で「この人は自分を否定する大多数側の人間ではない」と安心したのかもしれません。その彼女にカミングアウトができたことがきっかけで、家族や友人にも自分の気持ちを少しずつ話せるようになりました。

17年間、ずーっと言えずにモヤモヤしていた事を人に話せたその日は、涙がとまりませんでした。

  

自分から周りとの関係を断った

自分のセクシュアリティと向き合うようになってからは、自暴自棄になりました。特に学校では、かなり尖っていたと思います。笑

「お前らには気持ちわかんねーだろ」とか「みんなは平凡でいいよな」とか常に思っていて、周りと距離を置いていたし、友達もどんどん減っていきました。今考えるとかなり性格わるいですね。家族との口数もだいぶ減りましたし、人生で初めて学校をさぼったのもこの時期でした。

友達に、お前変わったよね、とか結構言われて、それがめちゃくちゃショックだったの覚えています。けど自分の中ではそうするしか無かったんです。

 

家族にカミングアウト・カウンセリング開始

高校3年生の4月に家族にカミングアウトしました。リビングに家族を集め、卒業したらすぐに手術をしたい、と今後についても素直に話しました。

(このときのエピソードをまた別の記事にしようと思っています。)

数ヶ月後、都内の某精神科へカウンセリングに通い始めます。この時はがむしゃらでした。受験も高校の人間関係も家族も二の次で、とにかくGIDに関する情報収集とアルバイトに明け暮れました。

 

手術、改名、ホルモン、そして卒業

早く卒業したいとずっと思っていた高校生活。卒業と同時に本格的に治療を開始しました。

大学の入学前、山梨の病院で乳腺切除の手術を行いました。父が手術当日も入院中も付き添ってくれ、手術後は姉夫婦が山梨まで迎えに来てくれました。手術前日に、カミングアウトのメッセージを友達何人かに送ったのを今でも覚えてます。

 

その後、家庭裁判所で名前の変更手続きをしたのですが、このときは母親が付き添ってくれました。もともとはひらがなで「ひかる」という名前。今は漢字に改名をしてそのまま「ひかる」と読ませています。

その時、母親が「男女どっちでうまれてきても”ひかる”って名前にしようと思ってたのよ〜!でも漢字の方がかっこよくていいね。ひかるはひかるのまんまだしね。」と言ってくれました。

 こうやって振り返ると、家族の優しさとサポートがあっての今なのだと改めて感じます。

 

 

 

自分の性について

 

人生で一番辛かった時期は間違いなく高校3年生。

その時は辛くて辛くて、でも時間経つとどうにでもなりますね。

 SNS見てると年下のFTM君がマイナスなpostをしていて、自分にもこういう時代あったよなみたいなことも多々あります。僕が高校生のときも、年上のFTMのブログを読みあさって勇気づけられていました。

 

僕も性についてまだまだ悩みばかりですが、ブログでアウトプットして振り返りつつ少しでも参考になるシェアができればと思っています。

 最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

【SRS後の変化】3ヶ月が経ちました

前回の記事から時間があいてしまいました、、、!

 

子宮卵巣摘出手術から3ヶ月経ったので、その後の身体の変化について書いていきます。

もちろん個人差はあることを前提に、少しでも参考にして頂けると嬉しいです。

 

ちなみに筆者の治療歴はこちら↓

・18歳〜ホルモン注射開始(現在6年目)

・18歳で胸オペ

・24歳(2019年9月)で内摘、戸籍変

 

 プラスの変化

  ①髭が濃くなる

別の記事でも書きましたが、育毛剤のおかげかもしれません。でも確実に生える範囲と毛の太さは変わりました!

 ちなみに過去記事はこちら🔻

transinform.hatenablog.jp

 

 

②ホルモン注射代が浮く

もともと3週間に1回125mgを打っていましたが、4週間に1回に。

また、戸籍変更をすると、病院によっては保険が適用になります。1500円で打っていましたが、病院を変えて1ヶ月に650円で打てるようになりました! 今後も死ぬまでずっと打っていくことを考えると、この値段の差は大きいです。

 

③生理になる心配がない

以前は、ホルのタイミングが不安定だとすぐに生理が来てしまいましたが、今は全く心配することが無くなりました。血が出る出ないの違いだけではなくて、精神的にずっと楽です。

 

④公的な手続きでめんどくさい思いをしない

前までは、病院の診察や選挙などで「あれ?」みたいな反応をされて、いちいち面倒くさいなって思ってたんですが、もうそれも無いです。

 

⑤パートナーと結婚の話を前向きにできる

これも結構大きいです。以前は結婚したいなって気持ちになっても、今はまだ公的に出来ないし、、みたいなモヤモヤは少なからずあったので、自分のしたいタイミングで結婚出来ると考えると気持ちも楽です。

 

 

 

マイナスの変化

 ①ニキビが増える

顔ではなく、首と胸元にかなり出来るようになりました。他の当事者のブログで、逆にニキビが改善されたという情報が多かったので、本当に体質によるものだと思います。

この状態が続くならエナルモンデポからネビドに変えようかなと悩み中です!

 

②トイレが近くなる

これはもしかしたら勘違いか、オジさんに近づいた証拠なのかもですが(笑)、真夜中にトイレで目覚める率がかなり上がりました。

子宮卵巣を摘出すると、膀胱や臓器が移動するので、術後1週間等はトイレが近くなります。ただ、3ヶ月経過してもトイレが近いままなので、いつになったら治るのかな?て感じです。

 

③ホットフラッシュがすごい

ホットフラッシュとは、突然体(特に顔や上半身)が熱くなり、汗が出てくるという症状で更年期障害の代表的な症状です。

ホルモンを定期的に打っていても、1日に1回は急に身体が火照って暑くなります。冬は体温調節が難しくて、周りが寒そうにしてる中自分だけ汗ばんでるみたいな事も多々。

 

 

 

 

結論、メリットもデメリットもあります。

戸籍変更をするにあたり、SRSをするかどうか当事者に選択肢を与えるべきだと改めて感じました。

ただ僕は、身体に多少の変化があっても、パートナーと自分のタイミングで家族になれる事や、コスト面、精神面考えても、オペして良かったなと思います。

 

 

それではトイレしたいので、ここまでで。

読んでいただきありがとうございました!

 

 

 

【戸籍変更手続き】必要書類から申立てフローまで

 

今回は戸籍変更の手続きについて解説していきます。

 

まず、家庭裁判所へ性別の取り扱い変更の審判をする条件は下記の通りです。

 

ア 二人以上の意思により、性同一性障害であることが診断されていること

イ 20歳以上であること

ウ 現に婚姻していないこと

エ 現に未成年の子がいないこと

オ 生殖腺がないこと又は生殖腺の機能を永続的に欠く状態にあること

カ 他の性別の性器の部分に近似する外観を備えていること

 

子宮卵巣摘出が必要になるのは、条件「オ」を満たすためです。

 

また、必要書類は下記の通りです。

①二人以上の医師による診断書1通

②申立書1通(家庭裁判所のHPからダウンロード可能)

③申立人の戸籍(除籍、改製原戸籍・全部事項証明書)(出生時から現在までのすべての戸籍謄本等)各1通

 

 

それでは上記条件を満たし、必要書類を揃え、家庭裁判所に申し立てを行うまでのフローを解説していきます。

 

①二人以上の医師による診断書1通(戸籍変更用)

まず、家庭裁判所に提出する用の診断書を取りに行きます。

診断書なんてもうとっくの昔に取ってあるし必要じゃないだろう、と思っていたのですが、「戸籍変更用」の診断書が別途必要です。

通常であれば、ガイドラインに沿ってカウンセリングを受けてGIDの診断を受けた病院で書いてもらう人が多いそう。

僕が高校時代に通っていた都内の精神科に電話で予約を取ろうとすると、なんと1stで3万円かかるとのこと。高かったので一旦やめました。

 

 

その後、都内でできるだけ安くで取得できる病院を探した所、見つかったのがここ🔻

(1st)早稲田通り心のクリニック

23,650円(初診料+診断書)

 

事前にメールで手術証明書と自分史を先生に送る→診断書完成→病院予約→受け取る

みたいな流れです。

 

10分くらいで終了。自分史を書いていたので、過去についてはそんなに深堀りされませんでした。

1stの病院から紹介されるのが下記2つの病院。都内で比較的予約が取りやすいとのことでした。

・桜和メンタルクリニック

・アマラクリニック

家からできるだけ近いアマラクリニックを選択。

 

(2nd)アマラクリニック

7,450円(初診料+診断書)

 

ここも電話で当日にすぐ予約取れました。

10分くらい簡単に、自分のアイデンティティーについて聞かれました(今更これ意味あるのか?と思いながら適当に回答)。

 

こんな感じで、お金はかかりますがスムーズに診断書取得。

友人から情報収集した所、値段は1st,2nd合わせて3万前後が相場でした。

 

 

②申立書 1通

裁判所のHPからダウンロード可能です。

書き方の記入例等も記載があります。

www.courts.go.jp

「申し立ての理由」の箇所については、幼少期からの自分のアイデンティティーに関して、手術歴、戸籍変更を希望する理由、等について具体的に記載をします。

f:id:transinform:20191114125543p:plainこんなかんじ↑

 

 

③申立人の戸籍1通

出生時から現在までの戸籍が必要になります。

僕の場合、20歳で本籍地を千葉県から東京都に移しましたため、2通必要になります。

実際に市役所や役場に行かなくても、郵送でも可能でした。

 

 

 

 

↓↓

 

いざ上記書類を持って、東京家庭裁判所へ。

18歳で改名した時もお世話になりました。なつかしいいい!!!

 

上記の書類以外に

収入印紙・・・800円分

・連絡用の郵便切手・・・82円×4枚、10円×3枚、2円×5枚(合計368円分)

 

が必要と言われました。

家庭裁判所の地下にコンビニがあるので、そこで購入しました。

 

 

性別変更手続きは「家事事件手続き」にあたるので、番号札をとってカウンターに書類を提出します。

提出書類を確認してもらい、10分もたたずに申請が終了。

 

 

 

それから2週間後、、、

 

 

10月15日付けで戸籍上「女」から「男」に変更!

 

面談があるかと思ったのですが、なし。

申し立てをしてから2週間後に家庭裁判所から電話があり、変更手続きが完了したので書類を取りに来て欲しいとのこと。

 

簡単に変更できました!

おそらく、6年前に改名手続きをした関係かと思います。

地域や担当者によって、フローやかかる日数は異なると裁判所の方がおっしゃっていました。

ご参考までに!!

【髭の生える育毛剤】タイで購入!

 

今回は、タイで買った自分へのお土産のひとつ、通称「髭ローション」を紹介していきます。

 

購入したのがこちら!

"nuhair5" という育毛剤。60ml

f:id:transinform:20191113231433j:plain

 

 

特徴

スプレータイプの男性用育毛剤。(本来は育毛の対象は髪の毛)

手に出して指で髭の周りにぬりぬりします。

匂いはちょっとつーんとしたアンモニアっぽい匂いです。

60mlで3〜4ヶ月分くらい。

 

 

手に入る場所

ローカルな薬局。

大きなデパートの中にあるような薬局や、watsonなどのチェーン店では売っていません。街中にあるこじんまりとした薬局になら基本ありました。

ちなみに僕はパタヤの薬局で購入。バンコクにも売っていました。

 

値段

650バーツで購入。

薬局によって値段は異なるので、何個か探して回るといいと思います。

 

 

効果

あり!!

使用して1ヶ月目にして毛の1本1本が濃くなったというか、太くなった感じです。

これまで1週間に1度剃れば十分だった僕のあごですが、3日に1度は剃らないといけないくらいになりました!剃っても若干青さみたいなのも残ります。

理想にはまだまだですが、このまま順調に塗っていこうと思います。

 

 

また、他の当事者がレビューしている髭クリームは、このnuhair5とブラックポムトンがあります。ブラックポムトンはタイで見つけられなかったのですが、amazonでは購入できるみたいです! リンク貼っておきます🔻 

タイでnuhair5を買い逃したら、こっちを試すのもアリですね。